面接を受けにいく | 生活状況がキャバクラの仕事によって一転します!

生活状況がキャバクラの仕事によって一転します!

通話中

面接を受けにいく

あなたもキャバクラに入店しようと思ったら、まずは面接対策をしていきましょう。
もちろんキャバクラも面接が必ずありますので、面接対策は必須だといえます。

キャバクラの面接で気をつけることとは何か?
なんとなくキャバクラの面接はすぐに誰でも受かりそうだと思っているかもしれませんね。
実際にはまったくそんなことありません。
むしろ他の一般的な会社の面接と同様に、不採用を受けることだって多々あります。
だからあまりなめてかかってしまうと、あとから必ず後悔することになるでしょう。

まずキャバクラというのはあきらかに接客業ですから、お客さんの前に出して恥ずかしくない人を採用します。
面接であなたから常識のかけらも感じられないようであれば、当然落とされることになります。

となってくると面接対策としては何が重要になるのか?
もちろんそれはあなたの身だしなみや、あとは喋り方などになります。
身だしなみについては一般的な会社の場合スーツ姿が望ましいですが、キャバクラの場合は私服で結構です。
しかし私服といってもそこに清潔感が感じられるのかどうかや、オシャレかどうかも重要視されます。
だからここ一番というときに着ていくような服を選ぶようにしてください。
そしてそれだけではなく、もちろん髪型やメイクもしっかりセットする必要があります。

また喋り方についてですが、これは正しい敬語が使えればそれでOKです。
間違っても面接官に対してタメ口を聞いたりするようなことはないようにお願いします。
あきらかにおかしいといえるような日本語も、面接時には使わないようにしなければいけません。